AGAを診断する方法

AGA(男性型脱毛症)は、部位や進行の度合いによって分類することができます。

AGAの診断はハミルトン・ノーウッド分類によって行われます。これはアメリカの医師ハミルトンとノーウッドによって作られた分類方法です。

この分類を使うことで自分の薄毛がどのくらい進行しているのか把握することができます。また、このさき対策を取らないとどのように薄毛が進行しているのかもイメージすることができます。

その前に自分がAGAかどうか知りたい場合は、こちらでセルフチェックしてみてください。

AGA簡単セルフチェック

もっと確実に知りたい場合は、AGAクリニックや遺伝子検査キットを利用すると良いでしょう。

自宅で簡単にできるAGA遺伝子検査キット

ハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類はAGAの進行度をⅠ型からⅦ型の7段階に分類しています。数字が大きくなるほど薄毛が進行した状態です。

下の図は薄毛の進行度を表したものです。

nowood001

Ⅰ型:正常。抜け毛が増えているがちゃんと生え変わっている

Ⅱ型:前頭部が薄くなり始める。髪のボリュームが減り始める

Ⅲ型:前頭部の後退が進んでいる

Ⅳ型:前頭部の後退がさらに進み、頭頂部も薄くなる

Ⅴ型:前頭部と頭頂部の薄毛がつながる

Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛が完全につながり

これはおおまかな分類です。薄毛の進行には個人差があります。前頭部はなんともないのに頭頂部だけ薄毛になる人もけっこういます。また、その逆のケースもあります。

薄毛の進行パターンは、前頭部の生え際から後退していく「M型」と頭頂部のつむじの付近から薄くなっていく「O型」の2つに分けられます。

育毛剤で対策しよう

AGAによる薄毛は男性ホルモンの作用によるものです。薄毛の進行を止めるには男性ホルモンの作用を抑える必要があります。

おすすめの薄毛対策は育毛剤によるケアです。最近は、男性ホルモンの作用を考慮した育毛剤が売られています。

このタイプの育毛剤を使うことで薄毛が解消する可能性は高くなります。こちらにAGA向きの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。

評判の良い育毛剤ランキング

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ