薄毛は遺伝が原因?

「父や祖父が薄毛だと自分も薄毛になる可能性が高い」。

昔から薄毛と遺伝は関係があるのではないかと言われてきました。最近の研究では確かに薄毛と遺伝はある程度関係することがわかってきました。

遺伝が関係するのはAGA(男性型脱毛症)という脱毛症のケースです。AGAになると男性ホルモンが毛根のレセプター(受容体)に作用して脱毛を促すために薄毛が進行します。

男性ホルモンの影響を受けやすいレセプターを遺伝により親から受け継ぐと薄毛になりやすくなります。

薄毛に関連する遺伝子は約80%の確立で母方から受け継ぎます。母方の親族に薄毛の人が多い場合、あなたが薄毛に関連する遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。

どういった遺伝子が薄毛に関連するかはある程度特定されています。もし自分が遺伝子を受け継いでいるのかを知りたい場合は、遺伝子検査キットを利用すると良いでしょう。

この遺伝子検査キットは自宅で簡単に使うことができます。詳しくはこちらで確認して下さい。

必ず薄毛になるわけではない

遺伝子を受け継いだからといって必ず薄毛になるわけではありません。引き継いだのは「薄毛になりやすい体質」です。

適切なケアを行うことで薄毛の進行を止めることも可能です。

AGAは男性ホルモンが毛根に作用するために薄毛になります。男性ホルモンの作用を抑えれば薄毛の進行を止めることができます。

最近はAGAに配慮した育毛剤が売られています。こういった育毛剤で育毛対策を行うことで薄毛の進行を止めて髪が回復する可能性が高いです。

こちらにおすすめの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。

「遺伝だから」と諦めるのではなく前向きに育毛対策に取り組みましょう。

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ