薄毛には男性ホルモンが関係していた!

男性ホルモンには、体に筋肉をつける、性欲を増進するといった男性らしい特徴を出す役割があります。

この男性ホルモンにはヒゲなどの体毛を濃くする効果もありますが、その反面男性ホルモンが多すぎると髪の毛が薄くなると言われています。

研究結果では、確かに男性ホルモンが薄毛に関係している事がわかっています。

男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンは次のように髪に作用します。

  1. 男性ホルモン(テストステロン)が毛根付近から分泌される5αリダクターゼと結びつく
  2. テストステロンと5αリダクターゼが結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される
  3. DHTが毛根にある男性ホルモンレセプター(受容体)に結びつくと髪の成長が抑えられる

男性ホルモンの作用が強まると薄毛はドンドン進行していきます。

男性の薄毛は男性ホルモンが原因

男性の場合、年齢を重ねるにつれ薄毛になる人の割合が増えてきます。これは上で説明した男性ホルモンの影響による薄毛です。

このタイプの薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。男性薄毛のほとんどはAGAによるものです。

40代男性の30%がAGAによる薄毛を発症しているという調査報告もあります。

おすすめの対策は育毛剤

生え際が後退や頭頂部の薄毛が少しずつ進行しているのならまず間違いなくAGAです。何も対策しないとそのまま薄毛が進行していくでしょう。

AGAによる薄毛を解消するためには男性ホルモンが毛根に作用するのを抑える必要があります。

おすすめの育毛対策は育毛剤によるケアです。最近の育毛剤はAGAに配慮した製品が販売されています。

こういった育毛剤でケアを行えば薄毛が改善する可能性は十分にあります。こちらでおすすめの育毛剤を紹介しているのでぜひ試して下さい。

おすすめ育毛剤のランキング

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ