頭頂部のハゲはAGAの可能性大です

薄毛には多くの男性が悩んでいます。

頭頂部のつむじの付近がいつの間にか薄くなっていることに気がつき、ドキッとしている人も多いでしょう。

このタイプの薄毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性が非常に高いです。

AGAになると男性ホルモンの1種であるテストステロンが毛根に強く作用して髪の成長を邪魔するために薄毛になります。

このタイプの薄毛は徐々に進行していきます。体に異常がないのに以前から少しずつ薄毛になっているのならまず間違いなくAGAでしょう。

AGAになると治ることなくずっと薄毛は進行していき、いずれは男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部以外の頭部全体が薄毛になります。

多くの男性がAGAにより薄毛になっています。日本人の場合は約3割の人が自分の薄毛を自覚しているらしいです。

ちなみに西洋人の場合は約5割が薄毛を自覚しているそうです。

薄毛の進行を止めるのなら育毛剤を試そう

薄毛を解消するのなら男性ホルモンの影響を抑えなくてはいけません。放っておくとそのまま薄毛は進行します。

おすすめは育毛材による薄毛対策です。現在たくさんの種類の育毛剤が発売されています。

それらの育毛剤が目的としている効果は血行促進や皮質抑制などさまざまです。その中には男性ホルモンの作用を抑えることを目的とした成分を配合した育毛剤もあります。

AGAにはこの男性ホルモンの作用を抑えるタイプの育毛剤が有効です。こちらでそのタイプの育毛剤を紹介しているのでぜひ試して下さい。

男性ホルモンの作用を抑えるタイプの育毛剤

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ