自宅で簡単にできるAGA遺伝子検査キット

agadog001

体調におかしなところがないのに、生え際や頭頂部で少しずつ薄毛が進行している場合、AGA(男性型脱毛症)の可能性が高いです。AGAの原因には遺伝男性ホルモンが関係します。

AGAは成人男性に見られる典型的な脱毛症です。AGAは早い人で20代から発症します。年を重ねるにつれAGAになる人は増えていきます。

日本の40代男性の30%はAGAを発症しているという調査報告があります。

自分のAGAのリスクを知りたい場合はAGA遺伝子検査キットを試してみるとよいでしょう。

AGA遺伝子検査キットの詳細を見る

手軽な遺伝子検査キット

最近はAGA遺伝子検査キットが販売されています。手軽に自分のAGAリスクを知ることができるので利用する人は増えています。

AGA遺伝子検査キットでわかること

検査キットで分かるのは次の2点です。

  • AGAの発症のしやすさ
  • AGA治療薬フィナステリドが効く体質であるか

検査キットは今後薄毛が進行するのか不安な人で、自分にどのくらいAGA発症のリスクがあるのか知りたい人ににおすすめです。

注意して欲しいのは現時点でAGAを発症しているのかどうかを判定するものではないことです。

記事の冒頭に書いたように今、薄毛が進行しているのならAGAを発症していると判断して差し支えありません。

他の判断基準が欲しい場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けると良いでしょう。発毛の専門医師が相談に乗ってくれます。

薄毛の相談には病院の無料カウンセリングがおすすめ

検査の手順

検査の手順は次のとおりです。

  1. インターネットで注文
  2. 自宅に検査キットが届く
  3. 自宅で検体を採取(綿棒で頬の内側の粘膜をこすりとる)
  4. 検体を検査機関に送る
  5. 検査結果が自宅に届く

検査結果は2~3週間後にわかります。

病院に行く必要なく自宅で簡単な作業で結果が分かるのが検査キットの最大の特徴です。

 結果が届いたら

検査結果が届きAGAの発症リスクが少ない場合は一安心です。気になっていた薄毛も今後進行する可能性も低いです。

一方、リスクが高いという結果が出た場合は、髪の変化を注意して見守りましょう。AGAを発症すると少しずつ薄毛になっていきます。

一度、遺伝子検査キットの公式サイトで詳細を確認してみてください。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キットの公式サイトへ行く

早い段階の薄毛は育毛剤で回復させよう

薄毛に気がついたら育毛剤でケアしましょう。育毛剤にはAGAの原因である男性ホルモンの作用を抑える成分を配合した製品があります。

こちらにAGA向きの育毛剤をまとめているので、薄毛になり始めたらぜひ試して下さい。

AGA向きの育毛剤

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ