AGAになるとどんな症状が出るのか

AGAは男性型脱毛症といって男性に多く見られる症状です。

症状というと病気のように聞こえますが、AGAは病気ではなく体質に分類されます。そのためAGAになっても健康保険は適用されません。

AGAの症状

このAGAになると次のような症状が現れます。自分にこのような症状が現れていないかチェックしてみてください。

  1. 額の生え際が後退してきている
  2. 頭頂部のつむじ付近が薄くなってきている
  3. 抜け毛が増えた
  4. 髪が細くなってボリュームが減った

特に体になにも異常がないのに1や2の薄毛が進行してきている場合はAGAの可能性がかなり高いです。

イマイチはっきりしないという場合は、AGA遺伝子検査キットで自分のAGA発症リスクを確認してみると良いかもしれません。

検査キットは自宅で簡単に使えるのでなかなか便利です。

自宅で簡単にできるAGA遺伝子検査キット

AGAは男性ホルモンが原因

AGAになると男性ホルモンが毛根に作用して髪の成長を阻害するために薄毛になります。

上で紹介したような症状が現れた場合、男性ホルモンの影響が強くなり始めているので、薄毛の進行を止めるためにはこの男性ホルモンの作用を抑える必要があります。

症状が現れ始めたことに気がついたら一刻も早く対策を取りましょう。おすすめの対策は育毛剤によるケアです。

育毛剤にはいろいろな種類がありますが、その中には男性ホルモンの作用を抑える成分を配合した製品があります。

このタイプの育毛剤でケアすれば男性ホルモンの作用を抑えられ薄毛を解消できる可能性があります。

こちらで評価の高い育毛剤を紹介しているのでぜひ試して下さい。

評価の高い育毛剤

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ