AGAの判定基準ってあるの?

AGA(男性型脱毛症)は男性によく見られる脱毛症です。

AGAになると男性ホルモンのテストステロンが毛根に強く影響を与えるようになり髪の成長を邪魔するために薄毛になります。

AGAの判定基準

薄毛が気になるけど自分もAGAなんだろうか?という場合はまずセルフチェックしてみましょう。

セルフチェック

AGA簡単にチェックする方法があります。

  • 生え際が後退してきてる
  • 頭頂部が薄くなってきている
  • 髪が細くなってコシがなくなってきた

これらに該当したらAGAの可能性が高いです。

ざっくりとしたチェックですが、男性で体に異常がないのに薄毛が少しずつ進行する場合はAGA以外に当てはまる原因がありません。

薄毛は年配の男性に多く見られますがそれらはほぼすべてがAGAによるものです。

将来的にAGAになるのか知りたいのなら遺伝子検査キットがおすすめ

今は薄毛になっていなくても将来的に不安だという人は、AGA遺伝子キットを試してみるのも良いでしょう。

薄毛に関わる遺伝子はある程度判明してきています。自分がAGAになりやすいかどうかはAGA遺伝子検査で知ることができます。

検査キットを利用すると次のことがわかります。

  • AGAの発症のしやすさ
  • AGA治療薬フィナステリドが効く体質であるか

この検査キットは自宅で手軽に使用することができます。

自宅で簡単にできるAGA遺伝子検査キット

一番確実なのは医師の診察

AGAは痛みもなく少しずつ薄毛が進行していきます。薄毛初期の人は「本当に自分はAGAなの?」と実感できない人もいるでしょう。

一番確実なのは専門家の意見を聞くことです。薄毛の専門家は医師です。AGAを専門に扱っているAGAクリニックでは無料カウンセリングを受け付けています。

無料カウンセリングでは薄毛の特徴や治療する場合のメニューなどいろいろなことを教えてくれます。

自分がAGAなのかはっきりさせたい人はこの無料カウンセリングが1番おすすめです。1人で思い悩むのはヤメましょう。

薄毛の相談には病院の無料カウンセリングがおすすめ

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ