薄毛を復活させるには?

一度薄毛になるともう復活することはできないのでしょうか?

必ずしもそうではありません。実際に一度薄毛になったのに見事に育毛に成功して復活した人もいます。

例えば、お笑い芸人の宮迫さんや元サッカー選手のゴン中山さんは、以前かなり薄毛になっていました。

宮迫さんはテレビではげをネタにしていましたし、ゴン中山さんは試合中の姿を見ると「薄い・・・」と明らかにわかってしまうほどでした。

ところが2人とも今では薄毛に成功して見事にフサフサになっています。

雨上がりの宮迫さん(写真あり)

ゴン中山さんの薄毛(写真あり)

ちゃんとした育毛を行えば復活できることがわかる良い例ですね。

薄毛の原因を知ろう

育毛対策を行うのなら薄毛の原因を把握しましょう。原因を知らないまま間違った対策を行うといつまで経っても髪は生えてきません。

薄毛の原因には、強いストレスが原因の円形脱毛症や皮脂の過剰分泌による脂漏性脱毛症などいくつかの症状があります。

ほとんどはAGAが原因

その中で圧倒的に多いのがAGA(男性型脱毛症)です。薄毛は成人男性に多く見られる症状ですがそのほとんどはAGAが原因です。

AGAになると男性ホルモンが毛根に強く作用するようになり、髪の成長を邪魔するために薄毛が進行します。

早い人で20代からAGAになり、年を重ねるにつれAGAになる人は増えていきます。40代では男性の約30%が自分が薄毛だと認識しているという調査結果もあります。

頭頂部(つむじ付近)や額の生え際が少しずつ薄くなっている場合、AGAになっている可能性が高いです。

AGAによる薄毛を復活させるには、男性ホルモンの作用を抑えなくてはいけません。

おすすめの対策は育毛剤

薄毛の仕組みを知ったら原因を解消できるような対策を取りましょう。

おすすめの対策は育毛剤によるケアです。最近の育毛剤には男性ホルモンの作用を抑える成分を配合した育毛剤が販売されています。

男性ホルモンの作用を抑える育毛剤を使うことで髪の成長が元に戻り薄毛が復活する可能性は高いです。

目的にあった育毛剤を選ぼう

育毛剤にはいろいろなタイプがあり、血行促進や保湿、栄養補給など製品によって狙っている効果は異なります。

血行が悪いことで薄毛になっているのなら血行促進の効果をアピールしている育毛剤で育毛対策するべきでしょう(ちなみに血行促進は逆効果という考えもあります。)。

しかし、男性ホルモンの作用が原因ならその作用を抑える育毛剤を選ぶべきです。間違った育毛剤を選ぶとまったく効果は現れないでしょう。

こちらに男性ホルモンの作用を抑えるのにおすすめの育毛剤をまとめているので、ぜひ試して下さい。

男性の薄毛(AGA)向けの育毛剤を紹介中です

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ