生え際の薄毛に育毛剤は効くのか

薄毛は男性によく見られる症状です。男性の薄毛の進行は次の3タイプに分けられます。

  • 額の生え際から薄毛になり始める
  • 頭頂部のつむじ付近から薄毛になり始める
  • 生え際とつむじの両方から薄毛になり始める

薄毛の進行の仕方はこのように幾つかに分けられますが、いずれもAGA(男性型脱毛症)という1種類の脱毛症です。

男性薄毛の原因は男性ホルモン

AGAは男性によく見られる脱毛症です。

AGAになると男性ホルモンが毛根に強く作用するようになり髪の成長が邪魔されるために薄毛が進行します。

日本の成人男性のうち、1200~1300万人が薄毛を自覚しています。これらの男性の薄毛のほとんどはAGAによるものです。

年配になるにつれAGAを発症する人の割合は増えていき、40代では約30%の人がAGAを発症しているという調査報告があります。

もし、あなたが生え際が薄くなり始めたと感じているのならAGAを発症している可能性が非常に高いです。

AGAを診断する方法

育毛剤による治療がおすすめ

AGAは男性ホルモンが大きな要因の脱毛症です。

薄毛の進行度は、薄毛になりかけの初期段階から髪がほどんどなくなる最終段階までの7段階に分けられます。

何も対策を取らないと薄毛は少しずつ進行していき髪はどんどん少なくなっていきます。

AGAになってしまったのなら男性ホルモンの作用を抑えなくては薄毛の問題は解決できません。

AGAにおすすめの対策は育毛剤によるケアです。最近の育毛剤の中には男性ホルモンの作用を抑える成分を配合した育毛剤が売られています。

こういった育毛剤で男性ホルモンの作用を抑えれば薄毛は解消し再び髪は生えてきます。

男性ホルモンの作用を抑える方法にはプロペシア錠など治療薬もありますが、こちらは値段が高いですし、医師の診断が必要なので手間もかかります。

最初はAGA向きの育毛剤で半年ほど効果を試すのが、費用も手間も治療薬よりかからないのでおすすめです。

こちらにおすすめの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。

おすすめの育毛剤

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ