抜け毛が細かったらAGAかも

抜け毛が増えると薄毛のピンチであると言うのはよく知られていますが髪の細さも薄毛の兆候と言えます。

なぜ髪の細さが薄毛の兆候になるのでしょうか?

男性薄毛はAGAがほとんど

薄毛は男性によく見られる症状です。男性の薄毛には次のような特徴があります。

  • つむじ付近が薄くなる
  • 生え際が後退していく

つむじや生え際が少しずつ薄くなっていくという薄毛は中年男性によく見られますがこういった薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

AGAになると男性ホルモンが毛根に作用して髪の成長を邪魔するために薄毛が進行します。

髪の成長が邪魔されると髪がうまく成長せずに細いまま抜けてしまいます。このため、抜け毛が細かったらAGAになっている可能性が高いです。

もちろん、1~2本の抜け毛が細いくらいならたまたまでしょうが、抜け毛のほとんどが細い状態ならAGAになりかけていると考えて育毛対策を始めましょう。

AGAによる薄毛の進行の仕方

育毛剤で男性ホルモンを抑える

薄毛を解消するには男性ホルモンが毛根に作用するのを抑える必要があります。

おすすめの育毛対策は育毛剤によるケアです。最近の育毛剤には、男性ホルモンを抑える成分を配合した製品が売られています。

このタイプの育毛剤で育毛対策を行えば薄毛が解消する可能性は高いです。

こちらにおすすめの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。

おすすめの育毛剤ランキング

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ