AGAに効果のある育毛剤を選ぼう

ほとんどの男性薄毛はAGA(男性型脱毛症)によるものです。

額の後退、つむじ付近の薄毛が少しずつ進行している場合、AGAになっていると考えて良いでしょう。

こういった薄毛は年配の男性によく見られます。つまり彼らはAGAを発症しているため薄毛になっているのです。

多くの人がAGAになっています。日本の成人男性の約30%がAGAになっているという調査結果もあります。

薄毛に気がついたらAGAになりかけている可能性があります。AGAになると自然に治ることはありません。早めに育毛対策をはじめて薄毛の進行を止めましょう。

AGAの原因を知ろう

男性で薄毛になっているのならAGAになっていると考えて差し支えありません。(もし確信が持てないのならAGAクリニックで無料カウンセリングを受けることをおすすめします。)

AGAになるとなぜ薄毛が進行するのか、どうすれば薄毛の進行を止められるのか説明します。

男性ホルモンが関係する

AGAになると男性ホルモンの作用が強くなります。男性ホルモンの1種であるテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換されます。

DHTが毛根にある男性ホルモン受容体と結合すると髪の成長を阻害され薄毛になります。

DHTの量が少ないと髪の成長に影響を与えませんが、AGAになりDHTの量が多くなると薄毛の進行が始まります。

薄毛を治すにはDHTが毛根に作用するのを抑える必要があります。

男性ホルモンの作用を抑えるには?

男性ホルモンの作用を抑えるには、次の2つが考えられます。

  1. AGA治療薬(プロペシア)を使う
  2. AGA向けの育毛剤を使う

1のプロペシアは医薬品であり高い効果が期待できます。その反面、医師の処方箋が必要なので病院に行く必要があり、費用も高いです。

一方、2のAGA向けの育毛剤は効果はプロペシアほどではありませんが、ネット通販などで買えて費用も安いです。

最初は2のAGA向けの育毛剤で薄毛に効果があるか半年ほど試して、それで効果を感じなければAGA治療薬を試すという流れがおすすめです。

費用の安いAGA向けの育毛剤で効果があれば、高いAGA治療薬を使う必要はないので費用を抑えることができます。

こちらにおすすめのAGA向けの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。

男性の薄毛(AGA)向けの育毛剤を紹介中です

血行促進をアピールする育毛剤をよく見るけど

テレビCMや雑誌で見かける育毛剤はよく「血行促進」をアピールしています。

しかし、AGAは男性ホルモンの作用が血行促進と関係ありません。血行が促進すると逆に男性ホルモンがたくさん毛根に送られることになり逆効果だとする考えもあります(頭皮マッサージの効果は?)。

血行促進と聞くと栄養が補給されるので良さそうと考える人もいるかもしれませんが、AGAにはあまり関係ないので惑わされないようにしましょう。

また、亜鉛わかめなど特定の食材が髪によいという考えも聞きますがこれらもAGAには関係しません。

この他にも世間には育毛に関するいろいろな情報が流れています。本当に自分の薄毛に効果があるのか確かめてから試すようにすると効果的に育毛対策ができます。

育毛の基礎知識 知れば効率的に育毛できるようになる

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ