育毛剤の効果が現れる期間はどのくらいか

育毛剤を使って育毛対策を始めたら効果が現れるのかすぐにでも知りたいところです。

しかし、髪は一日二日ですぐに生えてくるものではありません。育毛対策を始めるのなら髪のことを知ってもう少し気長に構えましょう。

髪にはヘアサイクルがある

髪はずっと伸び続けるわけではありません。1本の髪は、成長期、退行期、休止期の3つの時期を繰り返します。

  • 成長期:髪が伸びる期間 3~6年
  • 退行期:髪の成長が衰える期間 2~3週間
  • 休止期:成長が止まり、髪が抜ける期間 3~4ヶ月

この3つの時期をヘアサイクルといいます。休止期のあとは毛根から新しい髪が生え始めて再び髪は成長を始めます。

1本の髪の寿命は最大でも6年くらいです。

男性薄毛はAGAが原因

脱毛症は男性によく見られる症状です。この脱毛症はAGA(男性型脱毛症)と言います。

男性のほとんどの薄毛はAGAによるものです。生え際が少しずつ後退している。頭頂部が少しずつ薄くなっているなどの薄毛の症状が現れたらまず間違いなくAGAでしょう。

AGAになると男性ホルモンが髪を作り出す毛根に強く作用するようになり、ヘアサイクルを乱し、髪の成長を邪魔するために薄毛が進行していきます。

育毛剤を使い始めたら半年は様子を見よう

AGAになると髪の成長期が短くなり十分に成長する前に脱毛する、休止期に入った髪が成長期に移行しないなどのヘアサイクルの乱れが起きます。

休止期に入ったまま成長しない髪が増えてくると薄毛が進行しているということです。

育毛を成功させるのなら、休止期に入った髪を起こさなくてはいけません。

しかし、髪の成長を準備するには3~4ヶ月はかかります。そこから髪が伸びて生えてることを実感するのに1~2ヶ月はかかるでしょう。

つまり、育毛剤で育毛対策を始めてから効果を実感できるまでは6ヶ月くらいは必要です。

育毛対策を始めたなら半年程度は様子を見ましょう。

効果の期待できる育毛剤を使おう

半年たっても効果を感じなければその育毛対策は意味がなかったのでしょう。次の手を考えなくてはいけません。

おすすめはAGA向けの育毛剤の使用です。AGAは男性ホルモンの作用が原因なのでその作用を抑える必要があります。

最近は男性ホルモンを抑える効果が期待できる成分を配合している育毛剤が売られています。

このタイプの育毛剤を使えばヘアサイクルが元に戻り髪がよみがえる可能性は高いです。

こちらに評価の高い育毛剤をまとめているのぜひ試して下さい。

 評価の高い育毛剤

↓当サイトおすすめの育毛剤です 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ