AGAのメカニズム なぜ薄毛になるのか

薄毛は年配の男性に多く見られる症状です。この薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

日本の成人男性のうち1200~1300万人が自分の薄毛を認識しているという調査結果があります。この数は成人男性の約30%の割合です。

早い人で20代から薄毛が始まり、30代、40代、50代と年齢を重ねるにつれ薄毛になる人の割合は増えていきます。

薄毛のタイプは前頭部の生え際から薄毛が進行するM型や頭頂部から薄毛が進行するO型、生え際と頭頂部の両方から薄毛が進行するタイプなどがあります。

AGAの原因は男性ホルモン

AGAにより薄毛になる仕組みを説明します。

男性ホルモンのテストステロンは、毛根付近から分泌される酵素5αリダクターゼと結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という成分になります。

このDHTが脱毛を促進するホルモンです。DHTが毛根にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結合すると髪がうまく成長しなくなり抜けやすくなります。

5αリダクターゼの分泌量が多い人やDHTが結合しやすいレセプターを持っている人は薄毛になりやすい傾向にあります。

結合しやすいレセプターは遺伝によって受け継がれる可能性が高いです。薄毛が遺伝すると言われるのはこの体質を受け継ぐことがあるためです。

育毛剤で薄毛を改善しよう

AGAになっても改善する可能性は十分にあります。薄毛になった芸能人でも育毛対策をすることで回復した人は何人もいます。

ポイントは男性ホルモンの作用をどのくらい抑えられるかです。AGAは男性ホルモンが原因ですから男性ホルモンが作用する問題を解決しなくてはいけません。

おすすめの対策は育毛剤の使用です。最近の育毛剤には男性ホルモンの作用に着目した製品が発売されています。

これらの育毛剤でケアを行えば男性ホルモンの作用を抑え髪の成長を促すことができます。

こちらにおすすめの育毛剤をまとめているのでぜひ試して下さい。


今年を振り返るとまたまたどれだけの投資をしたことか・・私の投資は宝くじ、だけど未だに何の反応も見せてくれない悲しい投資なのです。お店の看板などには一等当選しました!まではいきませんが3等や4等と書かれているのに、それを見るたびひょっとして自分ではないかと何と前向きなヤツなんでしょうか。改めて再度見直してみるもののやはり違うに決まってます。そうして今年も多額の投資をしてきましたが神様そろそろお願い聞いてくださいと心で天に祈る私はやっぱり懲りない人間なんです。少しでも、少しでもかすりさえすれば夢もまだあるに違いない、でもかするだけだとそれもまたもどかしいジレンマに陥りそうでどうにもこうにもいかない私の趣味なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ